トップ > 出産育児情報 > 腹帯・出産育児用品 > カーシート

カーシート

カーシート

カーシートは正しく取り付けることが大切。実際に見本を使って体験してみましょう。

アカチャンホンポのカーシート売場のポイントは?

カーシートは、車に適したものを選ぶことが基本。正しく取り付けてこそ効果があるので、スタッフが取り付け方を実演しながらご説明します。さらに、ご自分でも売場に用意された車の座席に商品をセットしてみて、機能や使い勝手を確かめてからお選びいただけます。

カーシートの種類

Q
カーシートには、どんなものがあるの?
A
主に、2つのタイプがあります。

カーシートは概ね、回転式・固定式の2つのタイプに分けれらます。取り付けやすさや、お持ちの車に合うかどうかなどを考慮して選びましょう。なお、カーシートは、種類によって使用できる期間が異なります。

カーシートには、どんなものがあるの?

  • チャイルドシート

    新生児~4歳頃(~18kg)

    チャイルドシート

    まだ首がすわらず骨格が未発達な時期は、衝撃をなるべく広い面で受け止められるようなタイプがおすすめ。
    新生児から4歳児頃まで長期間使えます。

  • ジュニアシート(1歳~)

    1~11歳(9~36kg)

    ジュニアシート(1歳~)

    9~18kgぐらいまでは胸当て部分の広い面でしっかりガード。

  • ジュニアシート(3歳~)

    3~11歳(15~36kg)

    ジュニアシート(3歳~)

    15~25kgぐらいまではハイバックジュニアシートとして、22kgぐらいからは台座部分のみで、長期間使えます。

カーシートの選び方

Q
カーシートって、いつまでしないといけないの?
A
身長140cm以下、6歳までが目安です。

お子さまの身長が140cmになるまでは、カーシートの着用をおすすめします。法令では、「生まれてすぐの新生児~6歳児」と規定されています。自動車のシートベルトを使用できるのが身長140cm以上なので、身長が足りないと、シートベルトが首にかかることもあり、危険です。

カーシートって、いつまでしないといけないの?

ここをチェック! カーシートを選ぶときのポイント

POINT1
いつも使う車に取り付け可能かを確認
カーシートは、すべての車に適合するわけではありません。店頭やカーシートメーカーのホームページなどで、いつも使う車に装着可能かどうかきちんと確認しましょう。
POINT2
いつも使う車の種類や大きさによって選ぶ
セダンタイプの車は間口が狭いので、限られたスペースの中でも扱いやすい回転タイプがおすすめ。間口が広いワンボックスタイプなら、そのまま取り付けられるタイプもおすすめです。
POINT3
子どもの体格、体重に合ったものを選ぶ
適応月齢・体重を目安にして、子どもにあったものを使いましょう。大きくなってもチャイルドシートを使ったり、新生児のうちからジュニアシートを使うのもNGです。

アカチャンホンポのおすすめ商品

  • オーボールラトル
    オーボールラトル

    振ったり、転がしたりすると、カラフルなビーズが楽しい音を響かせる、赤ちゃんのためのオーボール。

  • 赤ちゃんモニターミラー
    赤ちゃんモニターミラー

    後ろ向きカーシートに乗った赤ちゃんの様子を、振り返らなくても確認できる便利なミラー。

  • ここに示した身体の変化や胎児の成長、必要数はあくまでも目安です。
  • 商品写真・イラストはイメージです。
  • カーシートをシェアする

トップ > 出産育児情報 > 腹帯・出産育児用品 > カーシート