先輩ママ2971人に聞きました!パパの自覚、いつから芽生えた?「パパとしての自覚」についてリアルな声をお届けします♪

2019年2月15日

ママとしての自覚は妊娠がわかった瞬間から芽生えるものだけれど、体に変化のない男性がパパになる自覚を持ちにくいのは当然のこと。でも不安だらけの妊娠。精神的にも体力的にも支えてもらうために早くパパとしての自覚を持ってもらいたい!そこでパパとしての自覚をどう芽生えさせ、育んでいったか、先輩ママたちに伺いました! 

Q1夫にパパとしての自覚が芽生えた、
と感じたのはいつ頃からですか?

子どもが産まれてから 49% 妊娠がわかった瞬間 16%…

アンケートの結果を見ると「産まれてから」という声が圧倒的ですが、タイミングに差はあるものの半数近くが妊娠中にパパとしての自覚が芽生えたという結果に。ただ、フリーアンサーの中には産まれた今でも芽生えていない!という、ママとしてはちょっぴり困ったコメントも見られました。

Q2パパとしての自覚を持ってもらう
ためにしたことは?

RANKING 1位 一緒に名前を考えた 2,008人 2位 エコー写真を見せた 1,961人…

一緒に健診に行ったり、エコー写真を見せたり、胎動を感じてもらったり、赤ちゃんの存在を直接感じられることが「パパになるんだ」という自覚へとつながるようです。ベビーグッズを選ぶ、名前を決めるなど、赤ちゃんが産まれてからのことを一緒に考えるのもきっかけのひとつになるかも。
日々の暮らしの中で、なかなか自覚を持ってもらえないという時は、両親教室(父親教室・プレパパママ教室含む)で妊婦体験や沐浴練習などをして実感してもらうというのも手。産婦人科が舞台のドラマを見たり、妊娠アプリを共有したりと興味を持ってくれそうな分野からアプローチするのもいいかもしれません。産まれてからは積極的に子育てに参加してもらうこと。赤ちゃんとのふれあいが多ければ多いほど、パパになった実感もわいてくるのではないでしょうか。

<調査概要>
調査目的:パパの自覚について
実施者:株式会社赤ちゃん本舗
有効回答数:2971件
調査対象者:アカチャンホンポ会員の10〜40代女性
調査実施期間:2018年10月18〜21日まで
アプリなら、もっとお役立ち情報満載 !
今すぐダウンロード!
ページの先頭