トップ > 出産育児情報 > 戌の日カレンダー

戌の日カレンダー

戌の日とは

12日に1度やってくる戌の日。1日1日に干支が割り振られています。妊娠に関わる日のひとつ、戌の日の「帯祝い」はご存知ですか?日本では妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に腹帯を巻き、安産を祈願する風習があります。なぜ戌の日なのか?というと、戌(犬)は多産でありながらお産が軽いことから「安産の守り神」として親しまれてきたからです。これにちなんで、戌の日に安産を願う「帯祝い」が定着したといわれています。

「帯祝い」を行う際は、帯祝いの儀式を行っている神社やお寺へ行って、祈祷を受け祝詞をあげていただきます。祈祷が終わると安産祈願にいわれのある品物を受け取る、というのが一般的な流れです。事前に予約をして、当日は神社・お寺へ納める初穂料と祈祷してもらう腹帯を持っていきましょう。
「帯祝い」を行うための腹帯を「岩田帯(いわたおび)」と言い、昔は妊婦の実家から贈るのが一般的とされてきましたが、現在は特に決まりごとはなく、自分で購入する、または神社で用意してもらうなど多様化しているようです。

古くは古事記に記述されている、神功皇后と帯に関する出来事が起源になったともいわれる戌の日に行う「帯祝い」。長い歴史の中で伝えられてきた日本ながらの風習で、生まれてくる赤ちゃんの健康を祈願してみてはいかがでしょうか。

戌の日Q&A

Q
戌の日って何?
A
戌(犬)は多産であるのに、お産がきわめて軽いことから「安産の守り神」とされてきました。
だから、安産を願って「戌の日」に腹帯をまきます。
Q
なぜ腹帯をまくの?
A
大きくなったお腹を支え、妊娠中の無理な姿勢を矯正し、腰痛を防ぐためです。
また、お腹を保温する役割もあります。
Q
いつ頃まくの?
A
お腹が大きくなってくる妊娠5ヵ月目の、一番近い「戌の日」にまきます。
Q
「戌の日」はどうやって決めてるの?
A
「戌の日」は暦のうえで決まっています。
1日1日に干支(えと)が割り振られていて「戌の日」はその11番目。
だから、12日おきに「戌の日」がやってきます。
Q
腹帯の色や柄には決まりがあるの?
A
特に決まりはありません。自分で購入したり神社で用意していただくなど、さまざまなようです。
Q
腹帯と妊婦帯の違いは?どんな種類があるの?
A
昔ながらのさらしタイプの腹帯や、締め付けにくくリラックス時におすすめの腹巻タイプの妊婦帯、しっかりサポートしてズレにくく働いている方におすすめのガードルタイプの妊婦帯などがあります。
日常的に使う場合には、妊婦帯を使われる方が多いですが、しきたりを重んじる場合は、帯祝いの際には、さらしタイプの腹帯を使うのもよいでしょう。
Q
出産後、腹帯はどうするべき?
A
さらしタイプのものであれば、赤ちゃんの肌着に使ったり、次の妊娠時の洗い替えとして持っておくのもよいでしょう。
また、お守りと一緒に腹帯をもっていくとお焚き上げをしてもらえる寺社もあるようです。 ご自身がお参りした寺社に確認してみてください。
Q
戌の日のお参りはどんな服装で行くの?
A
安産祈願のお参りですが、正装する必要はありません。
ただし、神社へのお参りなので露出の多い服装やあまりにラフな格好は控えるべきですが、体に負担のない格好で行きましょう。

戌の日のお参りが終われば、次は出産の準備です。
マタニティウェアやインナーなどを必要なものを揃えはじめましょう。

戌の日が終われば出産準備!出産準備についてはコチラ

戌の日カレンダー

2017年・2018年の戌の日カレンダーを公開しています。
赤文字の日は大安の戌の日となっていますので、ぜひ参考にしてください。

2017

  • 12月

    1(金)13(水)・25(月)

2018

  • 1月

    6(土)・18(木)・30(火)

  • 2月

    11(日)・23(金)

  • 3月

    7(水)・19(月)・31(土)

  • 4月

    12(木)・24(火)

  • 5月

    6(日)・18(金)・30(水)

  • 6月

    11(月)・23(土)

  • 7月

    5(木)・17(火)・29(日)

  • 8月

    10(金)・22(水)

  • 9月

    3(月)・15(土)・27(木)

  • 10月

    9(火)・21(日)

  • 11月

    2(金)・14(水)・26(月)

  • 12月

    8(土)・20(木)

  • 戌の日カレンダーをシェアする

トップ > 出産育児情報 > 戌の日カレンダー