トップ > 出産育児情報 > 腹帯・出産育児用品

腹帯・出産育児用品

赤ちゃんを迎える準備を進めるのは、とてもハッピーなこと。
でも、「何を揃えたらいいの?」「これって本当に必要?」などなど、わからないこともたくさんあるのでは?
そこで、ぜひ揃えておきたいグッズや、アカチャンホンポスタッフからの役立つアドバイスなどをご紹介します。
お店に行く前にチェックしておけばスムーズにムダなくお買物ができますよ。

腹帯とは?つけるタイミングやメリット

腹帯とは妊娠し大きくなってくるお腹を支えるために巻く帯のことです。
妊婦帯ともよばれることもあり、さらしのような岩田帯タイプ、コルセットタイプ、ガードルタイプ、ベルトタイプなどいくつか種類があります。
使い方や使用用途に合わせて、自分にあった腹帯を探してみましょう。

つけるタイミング

腹帯を巻く場合は、妊娠5ヵ月に入ってすぐの戌の日から巻き始めるというのが一般的です。妊娠週数でいうと16週~19週の間です。
安産祈願(帯祝い)をするなら、その日までに購入しておく方がよいでしょう。
大きくなったお腹を支えるためや、冷えを予防に腹帯をつけるという場合であれば、時期については特に決まりはありません。
できれば医師に相談したうえで、腹帯をつけ始めるのが良いでしょう。

腹帯のメリット

だんだん大きくなるお腹を支えてくれる

妊娠週数が進むとお腹が出てきて体のバランスが変化します。妊娠前には使わなかった筋肉を余計に使うことになり腰に負担がかかるため、腰痛となる方がほとんどです。

そこで腹帯をお腹に巻くと大きくなったお腹が支えられ、腰の痛みを和らげてくれます。
適切な腹帯を選んでも腰痛が緩和されない方はか掛かりつけの産婦人科に相談してみてくださいね。

保温効果があり、体を冷えから守る

腹帯には保温性や保湿性があるとされ、普段から冷えが気になる方はもちろん、お腹の赤ちゃんを冷えから守ってあげましょう。

まとめ

大きくなるおなかとママの身体を支えてくれる便利グッズなので、自分にあったものを選びたいですよね。
お店には様々な種類の腹帯があるので、使い方など分からないものはぜひアカチャンホンポのスタッフにお声かけくださいね。

妊娠初期~中期(0~7ヵ月頃)

  ママの身体の変化 胎児の成長
妊娠0~4ヵ月頃
  • 妊娠 
  • 乳首が黒ずんでくる
  • 分泌物が増える
  • つわり
  • 感情の変化

ワンポイント

妊娠の記録を残して行きましょう。

妊娠0~4ヵ月頃のママ

  • 0~4ヵ月の胎児の大きさ
  • 0~4ヵ月の胎児
  • 人間らしい形になる
  • 耳がきこえる

5ヵ月頃
  • 体重増加

妊娠前から出産直前まで8kg増加を目安に

ワンポイント

産休・育休のタイミングを確認・検討しましょう。

妊娠5ヵ月頃のママ

  • 5ヵ月頃の胎児の大きさ
  • 5ヵ月頃の胎児
  • 胎盤が完成する
  • 髪、うぶ毛がはえはじめる
  • 運動が活発になる

6ヵ月頃
  • 胎動を感じる
  • おなかが大きくなる

ワンポイント

里帰り出産・転院を考えている人は、そろそろ準備を。

妊娠6ヵ月頃のママ

  • 6ヵ月頃の胎児の大きさ
  • 6ヵ月頃の胎児
  • 皮下脂肪が少ない
  • まぶたを開く
  • まゆ毛がはえる

7ヵ月頃
  • 妊娠線ができやすい
  • 便秘や痔になりやすい
  • 足のむくみ       
  • 前にかがみにくくなる

ワンポイント

そろそろ赤ちゃんへの語りかけを始めてみましょう。

妊娠7ヵ月頃のママ

  • 7ヵ月頃の胎児の大きさ
  • 7ヵ月頃の胎児
  • 皮膚にしわが多く
    やせている
  • 心音がよくきこえる

出産準備 ママ編

妊娠0~4ヵ月頃に準備

  • マタニティショーツ

    6~8枚

    子宮底を包み込み、伸縮性・吸湿性すぐれたものを。

    必要度:★★★

  • 妊婦帯・腹帯

    2~3枚

    大きくなるおなかを支えます。
    就寝時や外出など、シーンに応じて使い分けを。

    必要度:★★★

  • マッサージクリーム

    1~2本

    妊娠線を予防!おなかが目立ちはじめたら、クリーム&マッサージ。

    必要度:★★★

  • マタニティブラジャー(産前・産後用)

    3~4枚/ハーフトップ4~5枚(シーンに応じて使い分け)

    お仕事や外出にはワイヤー入りが、リラックス時にはノンワイヤー・ハーフトップがオススメ!

    必要度:★★★

  • マルチケース(母子手帳ケース)

    1冊

    母子健康手帳のサイズは、市町村によって異なります。
    サイズを確かめて購入しましょう。

    必要度:★★★

  • サプリメント

    必要に応じて

    錠剤やタブレットなど、自分に合ったタイプをチョイスし、不足しがちな栄養を補給。

    必要度:

妊娠5~7ヵ月頃に準備

  • マタニティウェア

    3~4枚

    無理なくおなかを包み込み、着やすく動きやすいものを。

    必要度:★★★

  • マタニティパジャマ・ルームウェア

    2~3枚

    バスト部が開く授乳兼用タイプで、ゆったりしたものを。

    必要度:★★★

  • パンティストッキング・タイツ・レギンス

    3~4枚

    おなかの周りが良くのびるので
    優しくフィット。

    必要度:★★

Pick upアイテム

アカチャンホンポで取り扱いのある腹帯/妊婦帯・産前ガードルをご紹介!

  • はじめて妊婦帯セット ふんわりパイル
    はじめて妊婦帯セット ふんわりパイル

    価格 2.900円(税込3,132円)

    【商品説明】ふんわり伸びておなかをしめつけないはらまきと、後ろでクロスして前で簡単調節ができるベルトがセットに。
    おなかの保温や安定に加えて赤ちゃんの重みからおなかをサポートします。

  • お腹フィットサポートベルト
    お腹フィットサポートベルト

    価格 2.900円(税込3,132円)

    【商品説明】アカチャンホンポでしか買えない共同開発商品!
    妊娠初期からおなかにあわせてサイズ調節できる定番ベルト付き。おなかを包み込む生地と支えるベルトの生地を変えてそれぞれに合った素材を使用しています。

妊娠後期~出産(8~10ヵ月頃)

  ママの身体の変化 胎児の成長
8ヵ月頃
  • 初乳分泌がある
  • 神経痛、足のつる感じ
  • トイレが近くなる
  • ときどきおなかが張る

ワンポイント

妊娠後期になるとおなかが張ることが多くなります。
張ったら横になって体を休ませてください。

  • 8ヵ月頃の胎児の大きさ
  • 皮膚に赤みがでる
9ヵ月頃
  • 胸焼け、動悸、息切れ
  • 尿の回数が増える
  • 腰や背中が痛くなる  
  • たくさん食べられなくなる

ワンポイント

里帰り出産の人は、そろそろ帰省を。

  • 9ヵ月頃の胎児の大きさ
  • 赤ちゃんらしいからだつきになる
  • 皮下脂肪がつく
10ヵ月頃

ワンポイント

産院までの交通手段を確認し、入院の荷物をバッグに詰めておきましょう。

  • 10ヵ月頃の胎児の大きさ
  • 皮下脂肪が完全になる
  • 髪は2~3cmに伸びる

誕生準備完了

出産準備 赤ちゃん編

  • 短肌着

    5~6枚

    新生児の肌着の基本。

    必要度:★★★

  • 長下着/コンビ肌着

    あわせて5~6枚

    コンビ肌着は生後1~3ヵ月からの肌着

    必要度 長下着:

    コンビ肌着:★★★

  • ドレスオール

    3~6枚

    新生児から使用できる普段着。

    必要度 ドレスオール:★★

  • プレオール(カバーオール)

    2~5枚

    生後3ヵ月頃からの普段着。

    必要度:★★★

  • ロンパース

    2~3枚

    生後3ヵ月頃からの足の出る乳児インナー。

    必要度:★★★

  • おくるみ

    1~2枚

    首がすわらない赤ちゃんも抱きやすくなります。

    必要度:★★★

  • ソックス

    2~3足

    伸縮性にすぐれ、肌ざわりのよいものを。

    必要度:★★

  • スタイ(よだれかけ)

    3~5枚

    吸湿性がよく、肌ざわりのよい素材を。

    必要度:★★★

  • ガーゼハンカチ

    10枚~

    授乳時やよだれふき、汗ふきなどに。

    必要度:★★★

  • ベスト

    1~2枚

    新生児~6ヵ月ぐらいまでの赤ちゃんの温度調節に。

    必要度:★★

  • スリーピング・バギーオール

    1~2枚

    新生児~6ヵ月ぐらいまでの寒い日の外出に。

    必要度:★★

  • 帽子

    1~2枚

    夏の日ざしや冬の寒さから赤ちゃんを守ります。

    必要度:★★

  • 汗とりパッド

    5~6枚

    よく汗をかく赤ちゃんの背中に入れておきます。

    必要度:★★

  • ミトン

    2~3枚

    爪で顔などをひっかかないようにする手袋。

    必要度:★★

出産準備 入院準備・産後編

入院準備用品

  • 産じょくショーツ

    3~4枚

    股部分が開くので、ナプキンの交換が簡単。

    必要度:★★★

  • 母乳パッド

    洗い替えタイプ3~4個
    使い捨てタイプ2~3パック

    おっぱいで服を汚さないように、また乳房・乳首の保護に。

    必要度:★★★

  • 産後リフォーム用サポーター

    1~2枚

    骨盤をサポートします。面ファスナーで着脱は簡単。

    必要度:★★★

  • お産用パッド

    2~3箱

    悪露の処理に適したお産用ナプキンを。

    必要度:★★★

産後用品

  • ウエスト・骨盤ニッパー

    1~2枚

    ウエストを中心に引き締めます。

    必要度:★★

  • リフォームガードル

    1~2枚

    ウエストから下腹、ヒップまで補正します。

    必要度:★★

アイテムから選ぶ

出産準備用品を種類ごとに必要度の高いグッズをリストアップしています。
出産準備リスト
  • ここに示した身体の変化や胎児の成長、必要数はあくまでも目安です。
    『監修/公益社団法人 日本助産師会 岡本喜代子』

新生児~6ヵ月

  ママと赤ちゃんの様子
新生児~3ヵ月 産後は赤ちゃんの生活リズムに合わせて今までとは違う生活サイクルになります。
便利グッズなどを利用しながら、体調をくずさないように調整しましょう。
4ヵ月~6ヵ月 5ヵ月前後には離乳食を始めます。表情も豊かになり、生活リズムも徐々に大人と合ってきますので、
コミュニケーションもとりやすくなります。

赤ちゃんが健やかに育つための準備

妊娠5ヵ月~7ヵ月頃に準備

  • ほ乳びん

    2本~

    1回に飲む量が100ml足らずと少ない新生児のうちは、120~150mlくらいの容量でS寸サイズの乳首のついたものを。

    必要度:★★★

    メーカーによって乳首のサイズ表示のしかたが異なる場合がございます。

  • ほ乳びん用乳首

    2個~

    赤ちゃんの飲み⽅をみて、吸うカに合ったものを選びましょう。

    必要度:★★★

  • ほ乳びんブラシ

    1個

    ほ乳びんをすみずみまできれいに洗う専用ブラシ。ガラスにはナイロン製、プラスチックにはスポンジ製がおすすめですが兼用タイプもあります。また、乳首用のブラシもあります。

    必要度:★★★

  • ほ乳びん用洗剤

    1個

    ミルクの汚れを楽に落とせます。

    必要度:★★★

  • ほ乳びん消毒用品

    1個

    レンジを使って消毒するタイプや、浸けておくだけで取り出してすぐに使える薬液消毒があります。

    必要度:★★

  • 粉ミルクケース

    1個

    粉ミルクを1回分ずつ量って入れます。夜間の授乳やおでかけ時に便利です。袋タイプもあります。

    必要度:★★

  • ほ乳びんハサミ

    1個

    ほ乳びんの消毒時に使います。煮沸・薬液の両方に使えるものが便利です。

    必要度:★★

  • ほ乳びんポーチ

    1個

    ちょっとしたおでかけ時のほ乳びんの持ち運びに。

    必要度:

出産後に準備

  • 調乳ポット

    1個

    調乳用のお湯を適温でキープするポットです。

    必要度:★★

  • さく乳器

    1個

    手動タイプと電動タイプがあります。

    必要度:

    使用の際には、専門家へご相談ください。

  • マルチクッション

    1個

    ママの授乳姿勢をサポートしながら赤ちゃんをしっかりささえて安定した姿勢で授乳できるクッションです。

    必要度:★★

各アイテムの選び方

赤ちゃんをきれいにするための準備

妊娠5ヵ月~7ヵ月頃に準備

  • ベビーバス

    1個

    赤ちゃん専用のバスタブ。シンクで使えるタイプもあります。エア式(ふくらます)タイプやプラスチックタイプなどがあります。

    必要度:★★★

  • 湯上がりタオル

    2~3枚

    大判の正方形のものなら、寝かせたまま体を拭くことができます。無撚糸やガーゼのものがおすすめ。

    必要度:★★★

  • 湯温計

    1個

    ベビーバスや浴槽の湯温がひと目でわかります。適温の表示があるものがおすすめです。

    必要度:★★★

  • 沐浴布

    1個

    お湯に触れる赤ちゃんの不安をやわらげるため、沐浴布をかけて沐浴させます。

    必要度:★★

  • ベビーソープ・ベビーシャンプー

    1個・1本

    低刺激の赤ちゃん用のものを選びましょう。泡タイプもおすすめです。

    必要度:★★★

  • スポンジ

    1個

    デリケートな赤ちゃんの肌には天然素材のものがおすすめ。

    必要度:★★★

  • 沐浴剤

    1本

    お湯に溶かして使う洗浄保湿剤。
    すすぎやあがり湯がいらず、デリケートなお肌を守ります。

    必要度:★★

  • ベビーローション

    1本

    沐浴で失ったうるおいを補い、しっとりすべすべの肌に整えます。

    必要度:★★

  • ベビーオイル

    1本

    赤ちゃんの肌のお手入れや、耳・鼻などのおそうじにも使えます。

    必要度:★★★

  • 綿棒

    1個

    おへそや耳・鼻のおそうじに便利。

    必要度:★★★

  • つめ切りハサミ

    1本

    生まれたての赤ちゃんはつめが長くのびたままになりがち。つめの薄い赤ちゃんには、先端が丸くなっていて安全なものを。新生児には、はさみタイプがおすすめ。

    必要度:★★★

  • 清浄綿

    1箱

    授乳時に乳首や手を拭いたり、赤ちゃんの顔やおしりなどを拭いたりと何かと便利です。

    必要度:★★★

  • 体温計

    1個

    短時間で手早く検温できる耳式や予測機能付のものがおすすめです。

    必要度:★★★

  • 温湿度計

    1個

    赤ちゃんのいるお部屋は、温湿度計でこまめにチェックしてあげましょう。

    必要度:★★★

  • 鼻吸い器

    1個

    赤ちゃんの鼻みずを吸い取るのに便利です。吸い方で吸引力を調節できるから鼻みずをやさしく吸引できます。

    必要度:★★

各アイテムの選び方

気持ちいいお部屋づくりの準備

妊娠5ヵ月~7ヵ月頃に準備

  • 布団セット

    1セット

    掛布団・肌布団・敷布団・掛カバー・肌カバー・フィッティングシーツなど、基本セットをはじめ豊富な種類があります。

    必要度:★★★

  • 掛カバー

    1~2枚

    いつも清潔に保てるように、2~3枚は常に予備を準備してあげましょう。

    必要度:★★★

  • フィッティングシーツ

    1~2枚

    フィッティングシーツにはゴムが入っていて、敷布団にフィットします。

    必要度:★★★

  • 防水シーツ

    2~3枚

    防水加工の施されたシーツで敷布団を守ります。キルトパッドとの併用をおすすめします。

    必要度:★★★

  • キルトパッド

    2~3枚

    防水シーツの上に敷きます。寝汗をかいた時やミルクを吐いたときにも安心。

    必要度:★★★

  • タオルケット

    1~2枚

    暑い時には布団の代わりに、寒い時には布団の間に入れたりと1年中大活躍です。

    必要度:★★★

  • 毛布

    1~2枚

    オールシーズン使えて丸洗いもOKなので便利です。

    必要度:★★★

  • ベビーベッド

    1台

    生後すぐの時期は床からのホコリやダニから守るだけでなく、おむつ替えや着替えなどもラクにできて便利です。

    必要度:★★★

  • メリー

    1台

    心地よい音楽で赤ちゃんをゴキゲンに。ベッドメリーからベビージムに変形できるものも長く使いたい方にはおすすめ。

    必要度:★★

  • スウィングベッド&チェア

    1台

    おうちでの育児生活をサポート。新生児期は寝かしつけ、離乳食期からはベビーチェアとして0~4歳くらいまで長く使えます。高さ調節、リクライニングもできます。

    必要度:★★★

  • バウンサー

    1台

    ぐずった赤ちゃんをあやすのに使います。軽量のため持ち運びにも便利。テーブルを付けてお食事用チェアとして使えるものもあります。

    必要度:★★

  • ベビー枕

    1個

    新生児の頃は薄手の枕か、ドーナツ型枕をおすすめします。
    (タオルを折って使ってもOK)

    必要度:

  • ベビーモニター

    1セット

    赤ちゃんがいる部屋から離れても、インターホンのように赤ちゃんの声がキャッチできます。

    必要度:

各アイテムの選び方

快適なおでかけの準備

出産前に準備

  • チャイルドシート

    1台

    カーシート装着は義務化されています。新生児から使えるタイプ(チャイルドシート)や、3歳児頃から使えるタイプ(ジュニアシート)など様々な種類があります。車種によって取り付けができないものがありますので、ご注意ください。

    必要度:★★★

  • ベビーカー

    1台

    生後1ヵ月頃から使用できます。
    お子さまの顔を見ながら押せる両対面タイプが主流です。

    必要度:★★★

  • だっこひも

    1個

    お子さまの成長に合わせて、ヨコだっこ、タテだっこ、おんぶと使い分けできるものがおすすめです。ひとり座りができてからは簡易式が便利です。

    必要度:★★★

  • マザーズバッグ

    1個

    ショルダータイプやトートタイプなどデザインも様々です。

    必要度:★★

出産後に準備

  • ママコート/だっこひもケープ

    各1枚

    お出かけの時の防寒対策に。赤ちゃんをだっこひもで抱っこやおんぶしたままはおれます。

    必要度:

各アイテムの選び方

アイテムから選ぶ

出産準備用品を種類ごとに必要度の高いグッズをリストアップしています。
出産準備リスト
  • ここに示した身体の変化や胎児の成長、必要数はあくまでも目安です。
    『監修/公益社団法人 日本助産師会 岡本喜代子』

お役立ち情報

  • ONLINE SHOP ネット通販
  • GIFT CATALOG ギフト・カタログ
  • MATERNITY SCHOOL マタニティスクール

トップ > 出産育児情報 > 腹帯・出産育児用品