トップ > 出産育児情報 > 腹帯・出産育児用品 > ベビーウエア

ベビーウエア

ベビーウエア

わかりやすくタイプごとに陳列。2WAY肌着やおくるみは、実際に使い方をご確認いただけます。

アカチャンホンポのベビーウエア売場のポイントは?

アカチャンホンポの衣料品は、独自の厳しい品質基準をクリアしたものだけを店頭に並べています。また、赤ちゃんとママのために、化学物質である蛍光増白剤は使用していません。地球環境と肌にやさしいオーガニックウエア、人気の高い国産品など、トレンドに合わせた多彩なアイテムをご用意しています。

赤ちゃんの肌着の基本スタイル

ベビーウエアの基本って?

赤ちゃんはほとんど寝て過ごすので、何よりも着心地のよいものを選んであげましょう。
デリケートな肌に直接触れるものなので、素材・縫製はもちろん、肌ざわりや吸収性にもこだわって!
赤ちゃんは体温調節が苦手なので、気温に応じて違う素材の肌着を組み合わせれば、温度調節がしやすくなります。

Q
いろいろ種類があるけど、どれをどう着せたらいいの?
A
短肌着とコンビ肌着を重ね着させるのがおすすめです。

基本は裾が短めの短肌着と、コンビ肌着の重ね着。素材や縫製などもチェックして、やさしい着心地のものをえらびましょう。

基本スタイル

短肌着

肌に一番近い、裾が短めの基本の肌着。

肌に一番近い、裾が短めの基本の肌着。

保温だけでなく、首回りや脇の汗を吸ってくれるので、体の清潔さを守る役目もあります。汗をかきやすい季節はもちろん、年間を通しての必需品。吸湿性・通気性があり、肌ざわりもやわらかな綿素材がおすすめです。

基本スタイル

コンビ肌着

短肌着の上に着せる肌着。

短肌着の上に着せる肌着。

短肌着と重ねて使います。内股をスナップで留めれば、元気に足を動かしても裾がはだけにくくなります。

Q
長下着を、という意見も聞くけれど?
A
長下着とコンビ肌着、メリットを比べて上手に使い分けて。

長下着はスナップを外す手間がないので、おむつ替えがラクです。コンビ肌着は、二股で足の部分をスナップで留められるから、赤ちゃんが足を動かしてもはだけないのが特徴。新生児のうちは、長下着、少し動くようになったらコンビ肌着と使いわける方もいますし、最初からコンビ肌着だけ買う方も…。両方着せてみて、ママの使いやすい方を買い足してみては?

さらにおでかけの時には

ドレスオール

肌着の上に着せる普段着。

肌着の上に着せる普段着。

新生児の頃はドレスとして、足の動きが活発になる2~3ヵ月頃からはカバーオールとして使えます。お部屋着としても大活躍です。

季節に応じたスタイル

Q
季節によって用意するものも違うの?
A
季節に合わせてコーディネートして揃えましょう。

春や秋は日によって気温差があるので、こまめに調整を。少し先の季節を目安に準備しておくと便利です。

春 3・4月

肌着の上に長袖のドレスオールを重ね着。肌寒い日もあるので、起きているときはその上にベスト(短胴着)を重ねてあげてください。

  • 基本スタイル+長袖ドレスオール

    長袖ドレスオール

  • +
  • 寒い日には・・・

    寒い日には・・・ ベスト(短胴着)などをプラスベスト(短胴着)などをプラス

初夏 5・6月

雨が多くて肌寒い日もあるので、長袖や七分袖の薄手ドレスオールをプラス。お出かけ時は、冷房を想定しておくるみや、はおりものなども携帯して。

  • お部屋では・・・

    お部屋では・・・ 基本スタイル+薄手長袖(七分袖)ドレスオール

    薄手長袖(七分袖)ドレスオール

  • +
  • お出かけ時には・・・

    おでかけ時には・・・ おくるみなどをプラスおくるみなどをプラス

盛夏 7・8月

大汗をかく暑さなら短肌着1枚、汗ばむ程度なら足元の汗も吸い取るコンビ肌着1枚がおすすめ。冷房の効いた場所では肌着を重ね着しましょう。

  • お部屋では・・・

    お部屋では・・・ 基本スタイル+またはどちらか1枚またはどちらか1枚
  • お出かけ時には・・・

    おでかけ時には・・・ 基本スタイル+薄手長袖(七分袖)ドレスオール

    薄手長袖(七分袖)ドレスオール

初秋 9・10・11月

基本のコーディネートは春と同じ。ドレスオールは今買っても3カ月くらいは着用できるので、冬に備えて厚手を準備しておくと重宝します。

  • 基本スタイル+長袖ドレスオール

    長袖ドレスオール

  • +
  • 新生児ベスト(短胴着)新生児ベスト(短胴着)

冬 12・1・2月

厚手の肌着に、体温調節ができるベスト(短胴着)を重ねれば保温力アップ!おでかけのときはスリーピングやバギーカーオールなどの防寒着を着せて。

  • 基本スタイル+長袖ドレスオール 新生児ベスト(短胴着)

    新生児ベスト(短胴着)長袖ドレスオール

  • +
  • お出かけ時には…

    おでかけ時には… スリーピングなどをプラス

    スリーピングなどをプラス

  • 気候は地域や年によって変わるので、月はあくまでも目安です。

素材も季節に合わせてチョイス!

赤ちゃんの肌はデリケート。肌ざわりがよく、吸湿性にすぐれた素材を選びましょう。頻繁に洗濯するので、丈夫さも大切です。

  • フライス
    フライス

    ゴム編みとも呼ばれ、伸縮性に優れたベビーの定番素材です。肌ざわりもやさしく、オールシーズンに活躍します。

  • ガーゼ
    ガーゼ

    日本では昔からベビーの定番素材。織り目が大きく、通気性バツグン!吸湿性・吸水性に優れ、オールシーズンに対応します。

  • パイル
    パイル

    表面にループ上に糸が出ているタオルに似た素材。やさしい肌ざわりで、保温性、吸湿に優れています。

  • スムース
    スムース

    両面ゴム編みで保温性に優れ、ふんわりなめらかな肌ざわりです。やや厚手なので肌寒い日にもおすすめです。

ベビーウエアの枚数とポイント

Q
まずは、何を何枚用意すればいいの?
A
短肌着・コンビ肌着は各6枚以上あると便利です。

長下着はスナップを外す手間がないので、おむつ替えがラクです。コンビ肌着は、二股で足の部分をスナップで留められるから、赤ちゃんが足を動かしてもはだけないのが特徴。新生児のうちは、長下着、少し動くようになったらコンビ肌着と使いわける方もいますし、最初からコンビ肌着だけ買う方も…。両方着せてみて、ママの使いやすい方を買い足してみては?

理由1

1日2回以上は着替えます。

赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗っかき。ウンチやオシッコで肌着が汚れたり、ミルクを吐き戻すときもあるので、1日2回以上は着替えます。

理由2

短肌着とコンビ肌着を同時に着替えます。

着替えは短肌着とコンビ肌着を同時に替えるので、同じ枚数が目安です。

理由3

3日分のストックが目安です。

こまめにお洗濯するのはとても大変なので、3日分のストックがあれば安心です。

短肌着 コンビ肌着

Q
ベビーウエアを選ぶときのポイントは?
A
打ち合わせや縫製をチェックして選びましょう。

ベビーウエアに打ち合わせは、結び方や留め方に工夫がなされています。さらに、ひもやプラスチックスナップは、かけ違わないよう色を変えるといった工夫のある商品も。ママの好みや赤ちゃんとの相性によって選びましょう。

打ち合わせにはさまざまなタイプが

  • ひも
  • ひも

    着脱が簡単でゴロつかないので、低年齢の肌着によく使われます。

  • プラスチックスナップ
  • プラスチックスナップ

    普通のスナップよりも軽く、肌へのあたりが少ないのが特徴。

Q
おすすめのベビーウエアってありますか?
A
長く使える2WAYコンビが人気です。

2WAYコンビは、新生児から6ヵ月頃まで長く着られるタイプの部屋着。新生児の頃はドレスとして、動きが活発になってきたらカバーオールにと、成長に合わせて股下調節ができるから、買い替える必要がありません。

  • おすすめのベビーウエアってありますか?
  • おすすめのベビーウエアってありますか?

アカチャンホンポのおすすめ商品

  • アカチャンホンポのおすすめ商品
  • アカチャンホンポのおすすめ商品

イージーおくるみ

頭と足がすっぽり入るのでお出かけにも大活躍。ベビーカーにのせるときも足つきだからそのままで便利!

  • ここに示した身体の変化や胎児の成長、必要数はあくまでも目安です。
  • 商品写真・イラストはイメージです。
  • ベビーウエアをシェアする

トップ > 出産育児情報 > 腹帯・出産育児用品 > ベビーウエア