豚肉と小松菜のポン酢炒め

豚肉と小松菜のポン酢炒め

小松菜には骨や歯のもととなり、妊娠中に不足しがちなカルシウムが豊富。豚肉には糖質の代謝を助けるビタミンB1がたっぷり。ポン酢で味つけをするので、簡単においしくできます。

調理時間

10分

材料(2人前)
  • 豚こま切れ 150g
  • 小松菜 1束
  • 赤パプリカ 1/4個
  • ポン酢 大さじ1と1/2
  • 塩黒コショウ(下味用) 少々
  • 黒コショウ 適量
  • 油 大さじ1/2
  • 片栗粉 大さじ1/2

つくり方

01

豚こま切れに塩・黒コショウを振る。小松菜は3cm幅に切り、赤パプリカは薄切り(くし形切りでも可)にする。片栗粉をポン酢で溶く。

02

フライパンに油を熱し、豚肉を炒める。8割ほど火が通ったら、パプリカと小松菜を入れて炒める(*パプリカがくし形切りの場合はパプリカを先に入れ、しんなりしたら小松菜を入れる)。

03

火を止めてからポン酢(片栗粉が沈んでいるのでしっかりと混ぜる)を入れ、全体を混ぜて黒コショウをしっかり目にふる。火をつけ、中火でポン酢がなじむように炒める。

管理栄養士

野口 知恵先生考案

妊娠中の食事は栄養バランスを考えて食べるのが基本。「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」を組み合わせてとることを意識して食事をおすすめします。

妊娠中の食事は栄養バランスを考えて食べるのが基本。「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」を組み合わせてとることを意識して食事をおすすめします。

このレシピをシェアする

テーマ別
レシピを探す

一覧に戻る